STAFF


原作:惣領冬実

1982年にデビューし、主に少女向け漫画雑誌に多数の作品を発表。卓越した画力とドラマチックな恋愛描写で一躍人気作家となる。代表作は『ボーイフレンド』『MARS』など。現在、「モーニング」誌上でルネッサンス期に活躍したイタリアの英雄、チェーザレ・ボルジアを描く『チェーザレ 破壊の創造者』を連載中。新鋭ダンテ学者の原基晶(東海大学文化社会学部専任講師)を監修者に迎え、膨大な資料をもとに描く本作は、日本だけでなくフランス、イタリアなどでもその美麗な作画と歴史に忠実な物語の世界観が高く評価されている。歴史上の人物の人間性に迫り、真実を紡ぎだす誠実な創作活動は、学術的探究にフィクションのもつ想像力が触れることで生まれる創造の可能性を示す。

脚本・作詞:荻田浩一

1994年から2008年まで宝塚歌劇団演出部に在籍。’04年『ロマンチカ宝塚’04~ドルチェ・ヴィータ!~』で第59回文化庁 芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞。現在はミュージカルやストレートプレイの脚本・演出だけでなく、ショーやコンサートも多数手掛け、繊細かつ甘美な独自の美学を持った作風で高い評価を得ている。 近作に『ライムライト』『ドリアン・グレイの肖像』『マディソン郡の橋』など。’16年初演、’17年再演『王家の紋章』では演出を担当。大ヒットミュージカルとなる。

演出:小山ゆうな

ドイツハンブルク出身の演出家、翻訳家。2010年まで劇団NLT演出部に所属。退団後フリーの演出家として活動し、’12年よりアーティストユニット「雷ストレンジャーズ」を主宰する。戯曲の深い読み込みと、登場人物への確かな洞察によって描き出される世界観に定評がある。『チック』にて第10回小田島雄志・翻訳戯曲賞、第25回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞。今、最も注目を集める演出家の一人。本作が初のミュージカル作品となる。

作曲・音楽監督:島 健

ピアニスト、作・編曲家、プロデューサー。L.A.にてアレンジを学びながらジャズシーンで活躍。帰国後はスタジオ・プレイヤーとして数多くのレコーディングに参加する一方、様々なアーティストのアレンジやプロデュースを手掛ける。サザンオールスターズ「TSUNAMI」(弦編曲)、浜崎あゆみ「Voyage」(編曲)ではレコード大賞を受賞。近年ではJUJUのジャズアルバムも手掛ける。 また、テレビドラマやミュージカルの作曲、音楽監督など、その活動の範囲は多岐にわたり、最近では、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』『キンキーブーツ』の音楽監督、ドラマ『やすらぎの刻~道』(脚本・倉本聰)の音楽を担当している。

Staff Credit


原作:惣領冬実『チェーザレ 破壊の創造者』(講談社「モーニング」連載) 原作監修:原 基晶
脚本・作詞:荻田浩一 演出:小山ゆうな
作曲・音楽監督:島 健 歌唱指導:林アキラ 振付:新海絵理子
美術:乘峯雅寛 照明:日下靖順 音響:山本浩一 映像:栗山聡之 衣裳:西原梨恵 ヘアメイク:宮内宏明 擬闘:渥美 博
指揮・音楽監督補・稽古ピアノ:松田眞樹 オーケストラコーディネーター:太田英恵 学術アドバイザー:池上英洋
舞台監督:岩戸堅一 演出助手:髙野 玲・森田香菜子 制作協力:たけいけいこ(クオーレ)
宣伝:君川博哉 宣伝美術:トリプル・オー 撮影:永石 勝(トリプル・オー) 宣伝・公式サイト制作運営:ディップス・プラネット
エグゼクティブ・プロデューサー:三田光政 チーフプロデューサー:阿部知功・高屋潤子 プロデューサー:鈴木里咲・黒瀬朝子

企画・製作:明治座
後援:イタリア大使館
特別協力:洗足学園音楽大学ミュージカルコース

主催:ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』製作委員会 (明治座・フジテレビジョン・ポニーキャニオン・ミックスゾーン)
ページトップへ